地域No.1を目指した施工と価格設定。屋根&外壁塗装はフィットハウスエヌケーにお任せ下さい。「Everyday Low Price for YOUR HOUSE.」

「私の家は瓦屋根」

瓦屋根といっても、金属瓦に葺き替えた方は特に心配はないと思います。
ここで取り上げるのは“漆喰などを使用している瓦屋根”です。
陶器(焼き物)の瓦やコンクリート瓦(セメント瓦とも呼びます)、洋風な瓦屋根が代表的存在です。

さて瓦屋根の場合、前述しました「漆喰」の補修ないしは、塗り直しをする必要が出てきます。
およそ10年程度のサイクルで塗り直しされるのが最も効率的なメンテナンスができると考えられます。

メンテナンスをおろそかにしてしまった場合、最悪の事態としては“雨漏れ”を発生させる原因の一つとなります。
雨漏れしてから慌てて施工すると、ややもすると数百万円の工事代金が必要になる場合もございます。
屋根の形状にもよりますが、漆喰塗り直し工事はそこまでの大きな出費になることはありません。パッと計算して、30年後に数百万円を掛けるのであれば、10年に一回の「漆喰メンテナンス」をされる方が、はるかに安く収まります。

このような状況になってしまってませんか?

≪三日月の漆喰が腐り、中の粘土までボロボロになってしまった状態≫

≪水平棟ののし瓦が崩れかかっている状態≫

≪鬼瓦の漆喰が無くなってしまった状態≫

≪棟尻の漆喰が無くなってしまっている状態≫

≪防水シートが劣化し、雨水を吸い込んでしまっている状態≫
※瓦の下にはこのように残骸やゴミが入っておりました。ひどい状況です。

≪瓦がずれてしまった状態≫

もしこのような状況がご自宅で発生していたとすると、とても心配な状況です。

またこの屋根、厄介なのは下からは見えないことです。
下手をすると下からは「正常な状態」に見えてしまいます。
その場合、仮に気になって見たとしてもそのまま素通りしてしまうことでしょう。
気づけずに、劣化を止めることができません。

もし不安な点が少しでもおありでしたら、ご一報下さい。
私が責任を持って点検させて頂きます。
『工事をするか?』どうかは、私が行う無料の点検で状況を把握し、お見積りをご覧になり、それを土台にお話しをさせて頂いた上でご決定下さい。
私は工事を急かすことも、無理強いすることも致しません。
大切なのは貴重な財産であるご自宅を守ることであり、そのために何が必要かをご検討されることなのです。
そのお手伝いを私はさせて頂いております。
どうぞ安心して、この機会に無料の屋根点検をご活用下さいませ。

 

yanetenken

 

2muryoumitumori

お問い合わせフォーム
お問い合わせ

どんな小さなことや、 “聞いてみたいだけ” でもお気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-29-0393 【9:00-22:00】 FAXやメールでは24時間対応可能です。
FAX : 043-637-1112
MAIL : info@fithouse.biz

はじめにお読みください

はじめにお読みください
コロニアル
かわら
大公開
成功の秘訣とは?
外装リフォームとは?
火災保険
120万円はありえません
PAGETOP