みなさん、おはようございます。
リフォームスタジオ フィットハウスエヌケーの長澤です。

昨日は昨年の大雪で雨樋が曲がってしまい、そこから雨水が落ちてお困りだという方の改修工事をさせていただきました。
あの大雪で同じようになってしまった方も多くいらっしゃいます。

こちらのお客さまは新規に集水桝を増設されるご選択をされました。
滞留している付近に集水桝を設置することで、問題解決ができます。

image

分かりづらいかもしれませんが、このように勾配が取れていないと、雨水は最も低くなっている場所から落ちてしまいます。

image

また集水桝に泥がたまり、草が生えているお宅も目にします。
当然流れ落ちないので、雨樋からあふれ出てしまいます。

image

またこのように雨樋が割れ、外れている場合や、ヒビが入っている時もあります。

image

image

雨樋そのものを交換する工事ではありませんでしたので、今回はこのようにアルミテープを使い、補習しました。

S様は「どこに頼めばよいかわからない」とおっしゃってました。
同じお気持ちの方もたくさんいらっしゃると思います。
同じような症状を発見された場合は、私たちフィットハウスエヌケーへすぐにご一報ください。
私たちは少額でできる部分補習も行っています。
安心してご連絡ください。
調査、お見積作成は無料です。

よろしくお願い致します。