リフォームスタジオ フィットハウスエヌケー

千葉市・佐倉市・八千代市・市原市・四街道市・その他千葉県で外壁塗装をご検討の方必見!!

 

 

 

毎年来る台風や春一番などの大風の日。

道行く人も前に進めないという映像をご覧になった方がほとんどでしょう。

中には実際に体験されたという方もいらっしゃると思います。

私たち“人間”も大変な思いをしてる一方で、ご自宅は私たちのために重労働(?)してくれているのはご存知ですか??

 

 

重労働の結果、こんなことになっているのですよ!!

1412559237138111

このかぶせてあるものを「棟板金」と言います。

風であおられ浮いてしまうのです。

この下には木材が入っておりますが、棟板金が浮くことで雨水の浸入が発生し、最悪の場合は風で飛んで行ってしまうのです。

 

 

棟板金の中の写真です。

DSC_06721

DSC_06681

 

 

木材が腐るとたくさんのリスクを背負うことになります。

屋根をご自分で確認するのは、なかなか骨の折れる作業だと思います。

こちらのお客様(H様)も私が屋根に上らせて頂き、棟板金の浮きが発覚!!

そこで棟板金交換工事をさせて頂くことになりました。

 

 

こちらのH様はこの工事を “自己資金0円” で行うことができました。

 

 

もしご自宅の屋根をしばらく点検していないという方、

または気になって見てみたら、なんとなく浮いてる気がする・・・という方、

はたまた気になってみようと思ったけど、分からないという方、

ぜひ私までご連絡下さい。

もしかすると “自己資金0円” で直せるかもしれませんよ。

 

 

 

【H様邸 屋根改修工事 棟板金交換 施工写真】

DSC_06951

木材の代わりに樹脂製板を使って屋根(スレート瓦)を押さえていきます。画像左下へ伸びる黒い板状のものがそれです。

その後、棟板金をかぶせていきます。

この画像は棟板金が重なり合う場所を加工している場面です。

 

 

 

 

 

 

DSC_06851

直線上にある板金同士の重なり部分には屋根専用の接着剤を使い、雨水の浸入を防ぎます。

 

 

 

 

 

DSC_069321

棟板金は横からビス、または釘で止めます。

当然ですが雨水の浸入のリスクを少しでも減らすためです。

またこのビスの頭には屋根専用のシーリング剤を使い防水しております。

ビスが打ち込まれるのが先ほどの樹脂製板です。

木材の場合、腐ってしまうと強度が下がりビスが抜けてしまうこともあります。

そしてそうなってしまっている屋根を、私はよく目にしてきました。

ですから最良の状態を作るために使用しております。

 

 

 

DSC_06981

完成写真です。

 

 

“自己資金0円” でできた工事です。

 

 

お客様より「大満足です」というお喜びの声を頂くことができました。

お金をかければ、いくらでも良い工事はできます。

しかし私は「なるべく小額のお金で、良い状態を作る」ことこそがプロであり、私自信の責任だと思っております。

その中で状況次第ですが、“自己資金0円” で修繕できる場合がございます。

ご不安のある方、ご興味のある方、ぜひ私までお問い合わせください。

良いお話しができるかもしれません。

 

 

H様はこの工事の後に、

「ここまでやってくれたのは長澤さんだけです。塗装も検討していますので、時期が来たら必ず連絡しますね」

というありがたいお言葉まで下さいました。

 

 

独立早々であるにも関わらず、勇気と活力と、そして私が信じてきたものや貫こうとした信念が間違っていないんだという自信。

大切な財産を下さり、感謝しております。