瓦漆喰改修工事 | リフォームスタジオ フィットハウスエヌケー

千葉市・佐倉市・八千代市・市原市・四街道市・その他千葉県で外壁塗装をご検討の方必見!!

 

 

 

 

陶器瓦屋根の場合、瓦そのものが割れない限り半永久的に使用できます。

しかし漆喰部分はどうしてもメンテナンスが必要です。

こちらのお客様は東日本大震災の前も後も、屋根がどうなっているのかに関心がなかったとおっしゃっておりました。

と言いますのも、下からでは全てが見えるわけではないので、大きな異変に気づけるはずもありません。

正直言って私もここまでだとは思いませんでした。

14125592279742

この写真で分かる通り、漆喰が剥がれ落ち、中にある粘土がボソボソになってしまい、それまで剥がれてしまっています。

 

 

14125592684371

中の粘土が剥がれてしまった個所があるせいで均衡が保てず、漆喰が剥がれていない個所の“のし瓦”までガタガタになってしまっております。

これを放っておくと“棟崩れ”を起こし、大改修工事が必要になります。(のし瓦=写真であみだくじ状に見える場所に使用している瓦の種類の名称です。平たい板のようになっています。)

改修に気を取られすぎ、施工写真を撮影するのを忘れてしまいました。

 

唯一あった1枚を掲載します。

1412546743983

崩れかけていた場所もあったので、サービスで一部棟の積み直しも行いました。

 

 

 

漆喰もきれいに塗り直し、美観も蘇ったとお喜び頂いております。

DSC_0451

 

 

大工事が必要になる直前に出会うことができました。これも何かの縁かと思います。

これからもお困りのことがございましたら、お気軽にご連絡下さい。本当にありがとうございました。