瓦漆喰一部改修工事 | リフォームスタジオ フィットハウスエヌケー

千葉市・佐倉市・八千代市・市原市・四街道市・その他千葉県で外壁塗装をご検討の方必見!!

 

 

 

陶器瓦屋根の場合、瓦そのものが割れない限り半永久的に使用できます。

しかし漆喰部分はどうしてもメンテナンスが必要です。

こちらのお客様(N様)は東日本大震災の時に確認してもらって以来、全く屋根は見ていないとのことでした。

そこで私が屋根へ上り確認させて頂くこととなりました。

1413854407038

1413854402244

 

 

確認したところ、鬼瓦の漆喰が劣化しておりました。

そこで今回はこの劣化した部分のみを補修するというご依頼を頂きました。

 

 

完成後はこのようにきれいに仕上げました。

1413854377248

1413854384545

1413854372434

 

「もともとの形に似せてほしい」というご要望を頂きましたので、このような仕上げとなりました。

漆喰を塗る前に瓦専用の防水接着剤を使用しております。(写真を撮り忘れてしまいました)

ですから将来、経年劣化で漆喰が剥がれてしまったとしても雨水の侵入は防ぐことができます。

 

 

こちらのN様は何度も飛び込みの営業マンから指摘をされていたようです。

「棟が曲がっている」

「漆喰がボロボロだ」

「瓦が落っこちそう」

しかし下からではありますがご自身で見る限り、そのようには見えなかったそうです。

 

それもそのはず!!

 

先の写真にあります通り劣化はしてますが、決してボロボロでもなければ、まして棟が曲がっている場所など一つもありませんでした。

きっとその営業マンは成績欲しさに大袈裟に表現したのでしょう。

万が一でも嘘を述べていたとしたら言語道断!!

同じ仕事に就いた者として、私はこのような営業をする人たちが許せません。

 

 

別の方でしたが補修の必要がないのに、あたかも早急に直さなければならないと脅しをかけられ何十万円という大金を支払ったという方がいました。

もう1年くらい前だったようですが、私も写真を見せて頂きました。

劣化はしておりますが、まだまだ問題のない状態でした。

仮に同時期に私が施工させて頂いたとしたら・・・N様と同様で数か所の補修で良かったでしょう。

金額も1/6程度で行えるものでした。

 

 

このような業者を“悪徳”と呼ぶのか私には判断できませんが、間違いなく誠実さに欠く行為だと思います。

もちろん私も飛び込み営業はしております。

ご周知の通り、飛び込んでくる営業マン全てが悪い業者ではございません。

ですがリフォームというのは「業者選び」で施工内容も金額も、また誠実さや真摯さ全てが変わってしまいます。

 

失敗するか、成功するかの分岐点は「業者選び」なのです。

 

もし飛び込みでやってきた営業マンが大きなことを言ってきたとしたら、私までご一報下さい。

私がその御見積書に問題がないか、調査します。

 

かっこよく言えば“セカンドオピニオン”でしょうか?

失敗しないためにも慎重に業者選びをなさってください。

そのお手伝いを致します。

さて長くなりましたが、こちらのN様は小額で直せたこと、ご要望通りに仕上げがされたことに大変お喜び下さいました。

私をお選び下さり、本当にありがとうございました。