こんにちは。
フィットハウスエヌケーの長澤です。

最近、「エヌケーさん」と呼ばれることが増えました。
こういうのが定着するといいなぁって思います。

また検索で「NK」と入れるという話を聞きました。今までは英字表記をまったくしてないので、これからは入れていきます。

さてさて、先日こんな屋根を見ました。

image

コロニアル屋根ですが、コケだらけです。
このコケを放置していると

image

最後はコケが枯れてしまいます。
よく茶色く見えるコロニアル屋根はこの現象が繰り返されることで起こります。

このコケは当然根を張り巡らせたています。
これがコロニアル材の劣化を早める原因となるのです。

根は水分を求め、コロニアル材の中へ侵入します。
侵入しなかったとしても、水分を蓄えたコケそのものが一ヶ所にとどまり続けることになるのです。

いくら防水しても永久ではありませんから、当然劣化していくことに直結します。

image

コロニアル塗装を施す際、これらのコケを除去します。
その上で塗料を塗布するわけです。

良い状態で長く持たせたいとお考えでしたら、10年程度のサイクルで塗り替えをされることをお薦めします。
屋根を葺き替えることになると、2~3倍以上は確定です。

お気になさっている方はぜひ私までご相談ください。
ご一緒にじっくりご検討していきましょう。