地域No.1を目指した施工と価格設定。屋根&外壁塗装はフィットハウスエヌケーにお任せ下さい。「Everyday Low Price for YOUR HOUSE.」

千葉県の皆さま、台風被害は大丈夫でしょうか?

  • HOME »
  • 千葉県の皆さま、台風被害は大丈夫でしょうか?

雨漏りや実被害のあるお家の方は、先の見えない不安の中で生活されていることと思います。

「次に雨がふったらどうしよう」「次に風の強い日があったらどうしよう」

家の中にいても心配や不安と共に眠れない夜を過ごされている方も、少なくないでしょう。

フィットハウスエヌケーは、被害にあわれた方々が安心して暮らせるお家に戻すため、少しでも早い復興に貢献すべく、誠心誠意対応させて頂きます。

昨年から本年前半に多くのお問合せを頂き、順次対応とさせて頂いておりました。おかげさまで現在、大半のお客様の修繕が完了することができました。ご協力に感謝いたします。

大変な状況に中、ご理解とご協力下さった皆様のお力添えあってのものです。本当にありがとうございました。

現在もしお困りのお客様がいらっしゃいましたら、ご対応させて頂けます。お気軽にお問い合わせくださいませ。施工前に現場調査の上、御見積書をご提出致します。

代表的な施工可能項目を下記に記載します。

・屋根の葺き替え工事(瓦からガルバリウム鋼板の屋根材に変更)

・瓦屋根の葺き直し工事(防水シートを敷き直し、現状の瓦を戻す)

・瓦屋根の棟を積み直す、または漆喰を詰めて強固にする

・スレート瓦屋根の棟板金を交換する(棟材は樹脂製品に変更します)

・スレート瓦の部分交換

・スレート瓦の上にガルバリウム鋼板材を被せる(カバー工法)

などです。

※代表的な工事内容ですので、まずはご相談くださいませ。

それに加え、フィットハウスエヌケーでは火災保険申請のお手伝いも承っております。

申請自体はお客様で行って頂きますが、素人ではややこしくてむずかしい提出書類の作成補助をさせて頂きます。

無事、損害金を受け取られましたら、本工事の検討をお勧めいたします。その際は、ぜひフィットハウスエヌケーをご用命いただければ幸いでございます。 

台風被害が発生した以降、お問合せを頂いてお伺いする際に出来ることは、あくまでも応急処置に限られました。実際に行ったことを参考として残しておきます。しかしこれらはすべて【一時的にしのぐため】のものであり、長期間での効果は期待できません。

やはり屋根や外壁をきちんと以前の状態に戻すには、足場を組んで作業をする必要があります。

弊社も足場材をはじめ数々の材料や資材が不足しました。ガムテープや養生テープすらホームセンターなどからも姿を消す光景はまだ記憶に新しいでしょう。応急処置すらできない期間もあり、全てが「順番待ち」となり、雨漏りがしているにも関わらず何か月も耐え忍ばなければならない状態が続きました。

仮の屋根で過ごされる皆さまの不安を少しでも払拭すべく、弊社で行っている応急処置の工程を知っていただければと思います。こちらに掲載したものは一例であり、状態に応じて行う処置も変わってきますが、参考になればと掲載させて頂きました。

 

瓦屋根の主な施工

①現場到着後、屋根に上らせて頂き状況を確認します。現況写真を撮影します。

②写真をお見せしながらお客様に現状を説明いたします。その上で、どのような応急処置を行うか相談し、決定いたします。

③まずは、瓦をキレイに並べ直します。(※割れや剥がれが多いと、時間がかかる場合があります。)

④次に、ブルーシートを敷き込みます。(※場合によっては、ロープなどを使いブルーシートを固定します。)

⑤次に、土嚢袋を作ります。(※現在、土嚢袋も不足しています。市町村で配給している地域もあり、お客様にもご用意の協力をお願いする場合もございます。)

⑥土嚢袋を屋根に上げて設置します。(※ひとつの屋根でだいたい15袋前後使用します。)

⑦最後に、火災保険申請がある場合は、そのための写真撮影や測量を行います。

⑧後日、火災保険申請に必要なお見積りと現況写真をお届け致します。

上記内容で、平均3~4時間掛かります。

その後、

●雨漏りしている場合 葺き直し

●割れた瓦の交換

●棟が崩れている場合 積み直し

●漆喰が剥がれている 漆喰詰め直し

など、その他瓦屋根に関する工事全般を行っていきます。
板金屋根の主な施工

①剥がれた板金をサンダー、板金鋏でカットします。

【サンダー、板金鋏とは…?:鉄板や銅板などを加工する際に使用する道具で、材料の切断から加工まで幅広く対応出来るものです。】

②次に、ブルーシートを敷き込みます。

③垂木などを使い、ビスでブルーシートを押さえ込みます。

【垂木とは…?:屋根板を支えるため、棟から軒に渡した木のことです。】

④次に、土嚢袋を作ります。(※現在、土嚢袋も不足しています。市町村で配給している地域もあり、お客様にもご用意の協力をお願いする場合もございます。)

⑤土嚢袋を屋根に上げて設置します。(※ひとつの屋根でだいたい15袋前後使用します。)

⑥最後に、火災保険申請がある場合は、そのための写真撮影や測量を行います。

⑦後日、火災保険申請に必要なお見積りと現況写真をお届け致します。

上記内容で、平均1~2時間掛かります。

その後、

●雨漏りしている場合 葺き直し

など、その他板金(金属)屋根に関する工事全般を行っていきます。
から^ベスト・コロニアル屋根の主な施工

①マスカーを使い、剥がれた箇所を塞ぎます。

【マスカーとは…?:テープが付いたビニール袋のことで、塗装工事の際に窓養生などに使うものです。】

②最後に、火災保険申請がある場合は、そのための写真撮影や測量を行います。

③後日、火災保険申請に必要なお見積りと現況写真をお届け致します。

上記内容で、平均1時間ほど掛かります。(比較的作業は早く終わります。)

その後、

●雨漏りしている場合 上張り

●割れた箇所の交換

●棟の板金が外れている

など、その他カラーベスト・コロニアル屋根に関する工事全般を行っていきます。

 

その他、お困りごとでしたらどんな小さなことでも構いません!

など、こちらに記載がない施工でもお力になれることがありますので、まずは一度お電話ください。

これまで、弊社で工事させて頂いた、屋根関連の施工事例です。ご参考になさってください。

屋根工事 瓦漆喰補修工事

屋根工事 棟板金交換工事

屋根工事 強力棟積み直し工事


屋根工事 瓦棒葺き替え工事

 

フィットハウスエヌケーでは、火災保険の申請もお手伝いしております。

この度の自然災害は「風災」による被害とされて、火災保険での対応が可能です。

火災保険は、火災になった時だけでなく家を守ってくれる保険です。火災保険に頼ってみましょう。
基本的には、このような流れになっています。

「被害箇所の略図」と言われても、書ける方も少ないのではないでしょうか?

「被害箇所の現況写真」と言われても、屋根の上であれば写真を撮ることも不可能ですよね。

そういった保険申請手続きのお手伝いも、弊社にご相談ください。

実際に工事を頼まれなくても、「これってどうなの?」というご質問だけでもかまいません。

皆さまのご不安が少しでも軽くなるお手伝いをさせて頂ければと思います。

火災保険による修繕工事のことをもっと知りたい型は、ぜひお問合せください。

※保険会社や、ご契約内容、被災状況によっては保険対応ができない場合もございますので、まずはご自宅の火災保険の内容を確認してみてください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]


 

どんな小さなことや、 “聞いてみたいだけ” でもお気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-29-0393 【受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)】

比較検討大歓迎

7つのメリット

ガイナ

台風

職人募集

NKのブログ

釣澤ケン魚

LINE

Q&A

リフォーム,塗装,屋根,Q&A,よくある質問,フィットハウスエヌケー,

インスタ

ツイッター

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.